長野TEL026-234-5046 松本TEL0263-25-1525 研究所TEL026-234-9001

食品営業賠償共済
提供した飲食物を介して、お客様の身体に被害を与えてしまった場合の損害賠償を補償。
詳細は(公社)日本食品衛生協会WEBサイトへ。
1.安い年間掛金(*年間売上高3000万円以下の場合)
業種/コース レギュラー(R) ワイド(W)
1.喫茶店 1,300円 1,800円
2.飲食店
3.すし
2,700円 4,200円
4.仕出し・弁当
5.給食施設
6,500円 9,000円
6.食料品販売 1,400円 2,000円
7.食品製造業 1,400円 2,000円
9.旅館 営業建物の総床面積(m²)×5.73円 営業建物の総床面積(m²)×8.05円
9G.旅館 食品営業部門の売上が独立計上されている場合業種2・3と同じ
2.加入コース別補償限度額(最高5口まで)
口数/コース レギュラー(R) ワイド(W)
1事故限度額 掛率 1事故限度額 掛率
1口 5,000万円  1.00 1億円 1.00
2口 1億円  1.36 2億円 1.26
3口 1億5,000円  1.54 3億円 1.41
4口 2億円  1.72 4億円 1.51
5口 2億5,000円  1.83 5億円 1.60
(100円未満切り上げ)
3.特約を付加してさらに安心(特約のみのご加入はできません)
施設賠償特約 加入者の店舗等の建物の欠陥や従業員の過失が原因でお客様にケガを負わせたり、衣服を汚してしまう等の事故が発生した場合。

【お支払い対象】
・治療費(薬代、入院費、添付看護料を含みます)
・慰謝料
・被害者の休業補償費用
・修理、クリーニング費用(実費)
・全損となった場合の賠償金(減価償却がかかります)
売上高1億円まで
業種 年間掛金
喫茶店、飲食店、すし 4,100円
仕出し・弁当、給食施設 2,000円
食料品販売 800円
食品製造業 2,500円
旅館(総面積1000m²まで)      5,600円
※2口以上・10億円を超える場合はパンフレットでご確認ください。
受託物賠償特約 お客様から預かった手荷物や衣類、現金等を保管中に誤って壊したり、汚したり、紛失したりあるいは盗難された場合。

【お支払い対象】
・修理、修繕可能な場合の実費
・修理不可能な場合の弁償金(時価額)
・現金盗難の被害に遭った実額
加入限度口数3口
口数 1事故限度額 年間掛金
1口 100万円 5,500円
2口 200万円 11,000円
3口 300万円 16,500円
※期間中限度額も1事故補償限度額と同じです。
休業補償特約 営業施設において「食中毒や特定感染が発生し」、または「それらの疑いがあり保健所等行政機関による施設の消毒等の処置がされ」施設の営業が休止した場合。
(保健所への届出のあった事故に限られます)
※掛金等はパンフレットでご確認ください。
4.加入者特典
特別費用 損害賠償金の10%を上乗せしてお支払いします。
火災見舞金 加入営業施設の建物が火災に遭った場合、見舞金をお支払いします。
全焼
非全焼・半焼
部分焼
損害軽微
100,000円
50,000円
30,000円
10,000円
犯罪被害等救済基金
(最高100万円)
加入者に法律上の損害賠償責任がまったくない第三者による犯罪等の不法行為により飲食物を介して消費者に被害が発生した場合に、加入者が負担する被害者への見舞金をお支払いします。
(ただし、犯罪を行った第三者が見つかった場合にお支払いの対象となりません)
共済期間と申し込み方法 (※食品衛生協会の会員であれば、どなたでもご加入できます)
◆共済の申込みはいつからでも始められます
◆2年目以降は口座振替制度(自動継続)をご活用ください(振込手数料は不要)
加入申込みと掛金の送金 補償開始日
毎月6日から20日までのとき 翌月1日16時から共済(保険)開始
毎月21日から翌月5日までのとき 翌月15日16時から共済(保険)開始
【万一事故が発生したら】
◆万一事故が発生したら、管轄する食品衛生協会、もしくは加入手続きをした普及推進員までご連絡ください。
ご連絡いただく主な内容
  ◇事故発生日時・場所
  ◇事故発生原因
  ◇共済の加入内容
◆示談交渉、共済金のご請求手続きにつきまして、専門の担当者がご協力いたします。
お申し込み・資料請求は、最寄りの食品衛生協会まで
※(公社)日本食品衛生協会の共済パンフレット・WEBサイトより転記
▲ページトップ
Copyright