長野TEL026-234-5046 松本TEL0263-25-1525 研究所TEL026-234-9001

営業するなら食品営業賠償共済加入を
昨年、全国で食中毒は1,100件、患者数約27,000人死亡者は11名発生しています。
県内でも毎年15件ほど食中毒が発生しています。
その他、食べ物に異物が入っていて歯が欠けたとか、食物アレルギーにより重篤な症状を発症させてしまった等、飲食物によりお客様の身体に被害を与えてしまうことがあります。
また、ノロウイルスにより施設が汚染されてしまい、来店されたお客様の間に感染が広がり、お客様への補償はもとより全館消毒しなければ、施設の再開も出来ないといった状況に陥ることもあります。
食品営業のリスク対策として、ヒトからヒトへのノロウイルス感染症等トータルに補償が受けられる「あんしんフード君(総合食品賠償共済)」にご加入されることをお勧めします。
その他、「食品営業賠償共済」や「火災共済」も取り扱っています。
なお、この共済は会員のために安い掛け金で加入できるよう設定されており、会員でなければ加入が出来ないものです。
▲ページトップ
Copyright